Stairway to Heaven

2017/08/23

こんにちは。LAMUDAトレーナー、落合です。

 

夏はロックフェスティバルが各地で開催されますね。

 

ところで、ロック往年の名曲、1971年発表、Led Zeppelinの「Stairway to Heaven」

40代後半以上の人なら皆さんご存知の曲です。
しかしながらその歌詞の意味は謎めいていて、未だはっきりとした和訳を見たことがありません。

 

ということで、もしかしたらボディメイクについての唄かも!という視点から歌詞を見ていきます。

 

 

“She’s buying a stairway to heaven.”

意訳すると、彼女はお尻を上げたくて(ヒップアップさせたくて)、階段を昇っている。

 

“There’s a sign on the wall but she wants to be sure
‘Cause you know sometimes words have two meanings.”

意訳:ネットにはヒップアップの方法が書いてある。しかし彼女は確信が欲しい。言葉には嘘と本当があるから。

 

そうなんです。やみくもに階段を上っていてもお尻は上がりません。それどころか足が太くなることさえあります。

 

ママチャリでの高校通学3年間で、とことん大腿四頭筋(太ももの前)ばかりを鍛えた結果、脚は太くなり、卒業した後も間違ったヒール靴での歩き方のせいで全く改善されず、そして階段を昇るときも大腿四頭筋に負荷がかかるように昇ってしまうという悲しい結果に。

 

“Ooh, it makes me wonder.”
まさに 「何なんだろう」 です。

 

Stairway to Heaven・・・
これではまるでHeavenどころか、階段は地獄(Hell)へ向かうことにもなってしまいます。

 

 

大腿四頭筋ばかりが太くなっている場合は、ハムストリングス(太もも後ろ)・お尻・腹筋とのバランスが悪いのです。

 

ということで、脚を細くしたかったら、階段を昇るときは踵(かかと)にしっかり体重を乗せ、1段1段お尻に力を入れて昇っていきましょう。

 

 

 

“There are two paths you can go by, but in the long run
There’s still time to change the road you’re on.”

意訳:(脚が太くなるか細くなるか、昇り方は)二通りある。これからの時間であなたの脚は変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

http://lamuda.co/course

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム