誰が為に雪は降る

2018/02/07

こんにちは。LAMUDAトレーナーの落合です。

 

先日、大量の雪が降り積もりました。

いつもと同じくらいの時間、深夜に帰宅。

自宅の前の道路は足跡ひとつ無いパウダースノーで埋もれていました。

ほぼ降り止んだ深夜1時頃から雪かきを始めました。

 

さて、雪かきをしていて腰が痛くなるかどうかは、どんな姿勢でおこなうかにかかっています。

 

 

 

 

骨盤を前傾させて腰の位置を下げます。

足幅は広くします。

雪が入ったスコップは重いのでカラダから前方に離すのは負荷が大きくなりすぎてNGです。

常にカラダに近い位置を保ちます。

トレーニングのデッドリフトの姿勢に似ています。

 

突然の大雪に限らず、アクシデントは突然やってきます。

 

例えば以前、車椅子でしか移動できない人を交えた食事会の会場が、階段で上がるしか方法がない2階のお店ということがありました。

そんなときは背中におんぶで掴まってもらい、僕はスクワットの要領で上り下りです。

 

昔の人の生活に比べ、普段カラダを使う機会が減っているからこそ、強いカラダを作ること、これが筋トレの意義かなと思っています。

 

 

 

「誰が為に鐘は鳴る」・・・すべての物事や人は繋がっているのと同じように、筋トレは何も特別なことをしているわけではありません。

どんなにAI支配の世界になっても、雪はこれからも降ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

http://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム