「走れば愉快だ宇都宮」は本当か!?

2018/11/21

こんにちは。トレーナーの落合です。
ちなみに服のトレーナーはトレーニングシャツの略の和製英語だそうで。

先日、毎年恒例の宇都宮マラソンが開催されました。
僕のお客様も参加して、初めてのハーフ挑戦、そして目標タイム達成、レース中もレース後も身体に異常は起こらず、レース翌日には元気にトレーニングをしに来店されました。

日々トレーナーをやっていて、スポーツ、ダイエットなど、お客様の目標達成のときが一番うれしい瞬間です。

さて、ランニングと筋トレの関係について。

長距離走においては、いかに脚の疲労を軽減させるかがポイントです。
闇雲に走るよりも効率的に全身を使えばそのぶん楽に走れます。

大腰筋がしっかり伸張できれば大殿筋の収縮が容易になり、
そうなるとハムストリングスの収縮が容易になります。
この大きな2つの筋肉の強力な収縮は、次の瞬間には強力な前方への推進力となります。
同時に大殿筋の収縮には背筋群の収縮が必要であり、脊柱起立筋の収縮には拮抗筋の腹直筋の伸張力も必要になります。
また、大殿筋の収縮には反対側の広背筋の収縮が必要です。
広背筋を収縮させるには上腕を、脇を締めながら後方に強烈に動かす必要があります。
つまり脚の負担を減らすカギは上半身の筋肉の動きにかかっているといえます。

ちなみにこの考え方は「脚を細くしたい」という女性のスタイルアップにも同様です。

と、いろいろ書きましたが、一般の人には何を言っているのかさっぱりってところでしょう。
ランニングフォームについては奥が深いですね。
有史以来ヒトは走ってきているのに、いまだ「これが最終版!」というランニングフォームが確立されていないのですから。

偉そうに言ってばかりではかっこ悪いので、来年は僕もエントリーします。たぶん。
おもしろくない点が二つ。
ひとつはハーフマラソンは40歳以上が一括りの区分。40歳と一緒に50歳が競うのはツライぞと。
もうひとつは沿道の応援が全く期待できない、休日の工業団地内ということ。
まあ、うだうだ言ってないで出ますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム