最も重要な栄養素

2019/01/09

こんにちは!トレーナーの倉持です!

2018年、あっという間に過ぎてしまいましたね!

・・・昨年はたくさんのことがありました。

 

特に僕の中で大きな経験となったのが、去年2月に開催されたアメリカでのトレーニング合宿でした。
2018年の振り返りも兼ねて、今回はそのトレーニング合宿に関しての内容です。

そこでは1回2時間のトレーニングを1日2回、3日間に渡って行われました。

 

その合宿中には座学の時間も設けられており、そこではカラダづくりに重要な栄養の話や、トレーニング理論など実に為になる話ばかりでした。

 

現地では、セルビア出身のボディビルダーで、今もなおトレーニング界の最前線で活躍するトレーナーでもある、ミロス・シャシブ氏がコーチとして招かれていました。

トレーニング、座学ともにそのミロス氏がメインで進めていきます。

選手、トレーナーとして多くの功績を挙げているミロス氏のトレーニング、座学はどれも眼を見張るものばかりでした!

 

 

その中でも特に印象に残っているのが、カラダづくりに一番重要な栄養素の話でした。
(もちろんトレーニングは一生忘れられないくらいキツく、カラダに刻み込まれましたが・・・笑)

今まで僕は、カラダづくりに一番重要な栄養素と問われると、真っ先にタンパク質を挙げていました。

しかしミロス氏のご教示は意外なものでした。

その答えは、なんと「」だったのです。

 

 

もちろん、大事なものだとは理解していましたが、自信を持ってこれが一番だ!と言い切ることは出来ませんでした。

 

しかし考えてみると確かに。

 

例えば満足な栄養素が摂取出来ていたとしても、カラダを変えるに充分な運動刺激が入っていたとしても、そもそも代謝を回す水がなければ意味を成しません。

それだけに水が担う栄養素の運搬という役割は、僕が、そして皆さんが考えているよりもとても重要なものと認識されています。

僕がこのトレーニング合宿に参加したのが2018年の2月のことでしたので、それ以降、さらに「」に関してはお客様や周りの方たちへの案内を強めるようになりました。笑

 

 

最後に、よくお客様に水の重要性を理解していただく際に用いる表を紹介させていただきます。

 

厚生労働省が案内している食事バランスガイドです。

こちらに添付されている画像なのですが・・・。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou-syokuji.html

 

これを見ると、カラダが一つのコマに例えられていて、下から上に向かって栄養素の摂取優先順位が上がっていくような構図になっています。

注目して欲しいのは、コマの芯の部分です。
これが、「」に例えられています。
いわば、「」がなければコマは回らない、人のカラダもうまく回せませんよ。
という暗示ですね。

 

」もその重要度が理解できれば、必ず飲めるようになります。

 

皆さんも寒さに負けずに水をしっかり補給していきましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム