エゾシカ肉を使った料理をご紹介

2019/02/27

こんにちは。 LAMUDA受付の木村です。

前回はエゾシカ肉の魅力について書きました。

https://lamuda.co/blog/20190130

 

高たんぱく質・低脂質に加え、鉄分・亜鉛が豊富でありながら、スーパー等で販売していない為、身近な食べ物というイメージを持てませんでした。

 

今回はその問題を解決すべく、実際に購入・調理してみましたので、記事にしたいと思います。

まずはエゾシカ肉の入手。

 

ネットで冷凍のお肉を購入しました。

https://item.rakuten.co.jp/kitanogourmet/c/0000000100/

 

こちらのサイトで、内もも肉500g(1,000円)とロース肉1kg(2,200円)を購入。

一見少し高くも感じますが、食品販売店で販売している牛肉の平均価格と比べると、あまり変わらないようです。
ロースにおいては鹿肉の方が圧倒的に安いです。

http://www.jmi.or.jp/info/survey_files/file4/52.pdf

 

今回調理する分だけ切り分けてみました。

 

左がもも肉、右がロース肉です。
特に臭いもなく、他のお肉と変わらない感じでした。

それではまずは、ロース肉を使ってシンプルにオーブンで焼いてみました。

 

以下材料です。

エゾシカ肉のロースト (1人前)

・エゾシカのロース肉 200g
・マジックソルト 適量
・ガーリックパウダー 適量

今回はスーパー等で売っているマジックソルトを使用しましたが、お手持ちのハーブソルトで代用できます。

作り方

1. 200度で余熱したオーブンに、マジックソルトとガーリックパウダーをまぶしたロース肉を入れ、15分加熱。
お好みで野菜も一緒に入れて下さい。

2. 15分加熱後、オーブンからロース肉を取り出し、アルミホイルに包んで、5分〜10分待つ。
余熱で中まで焼けます。

 

完成。

 

とても簡単でありながら美味しく出来ました。

色鮮やかな野菜も一緒に焼けば、おもてなし料理にも良さそうです。

 

 

 

次は、ゴールデンカムイでも出てくるアイヌ料理「チタタプのオハウ」を漫画の通りに作ってみました。

チタタプとはアイヌ語で 「チ・タタ・プ」=「我々が・たくさん叩いた・もの」という意味で、つまりたたき料理です。
そしてオハウは「汁物」という意味です。

漫画では鹿肉に限らず、どんなお肉やお魚も無駄がないようチタタプにされていました。

今回、極力アイヌ料理に近づけて作ってみました。

 

以下材料です。

エゾシカ肉のチタタプ入りオハウ (2人前)

・エゾシカのもも肉 250g
・ごぼう 1/4本
・おろし生姜 小さじ1/2
・大根 3センチ分
・にんじん 1/2本
・春菊 1/4束
・片栗粉 大さじ1/2
・塩、こしょう 少々
・味噌(お好みで)
・昆布(出汁)

 

作り方

1. まずは昆布で出汁をとります。

2. 出汁を取っている間に、大根とにんじんをイチョウ切りにして、出汁がとれた鍋に投入します。

3. もも肉を包丁でたたきます。

 

この時にアイヌ民族は「チ・タタ・プ」と言いながらたたくそうです。

4. 細かくたたいたらボウルに入れ、ごぼうを小さめのささがきにして、アク抜きをしたらボウルに投入します。

 

ごぼうは入れなくても出来ますが、食感を楽しみつつ、同時に繊維もとれるのでおすすめです。

5. タネに塩、こしょう、おろし生姜と片栗粉を入れて混ぜます。

6. しっかり混ざったら、スプーン2本を使って団子にします。

 

7. 団子を鍋に入れて、浮かび上がるまで待ちます。

 

春菊を入れます。

8. 最後に、塩とこしょうでスープの味を整えて完成。

 

 

最後の味付けはあくまでアイヌ料理に寄せてますので、お好みで味噌を入れても良いかと思います。
私は味噌を入れたほうが好みでした。

 

 

漫画でもアイヌ民族のアシリパちゃんが味噌を入れて、その味に感動していました。
シンプルな味付けでありながら、こんなに美味しく出来るなんて私も感動でした。

 

今回、実際にエゾシカ肉を調理してみて、思ったより獣臭も少なく、美味しく出来て楽しかったです。
今後もストックしているエゾシカ肉を使って料理のレパートリーを増やしていきたいと思います。

 

高タンパク質なメニューに困っている方や、脂質が気になっている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム