トレーナーは必要なし

2019/04/03

こんにちは。LAMUDAトレーナーの落合です。

店の近く、宇都宮駅前のローソンに先日行ったところ、「スマホレジ」というサービスが始まっていました。

早速試しました。

スマホで店内の商品のバーコードをスキャンして、最後にドア近くの読み取り機にかざして決済完了、そのまま店を出てOK。
ここの店はレジがいつも混んでいるので、行列に並ばなくていいこのサービスは凄いと思いました。

 

この方式が熟していったとして未来予測。

例1.「砂糖無しモード」の設定搭載
砂糖入り食品をスキャンしても購入できない。

例2.「ダイエット設定」
400kcal たんぱく質30g 脂質10g 炭水化物50g くらいに納まらないと決済完了できないので店を出れない。

など。

 

以下、カラダ・食事・運動の未来予測
すでに存在しているものも含めます。

 

運動
筋トレのマシンの設定の自動化。

例えば椅子の高さやバーの幅、筋力・目的に対しての適正負荷・回数。
センサー付きのスーツ着用で、負荷がかかるべき部位の力が抜けていたら振動や警告音、同様に間違ったフォームになっても警告。
フリーウエイトも同様、センサー付きスーツで対応可能。

つまりトレーナー・インストラクターは必要ないですね。

エアロバイクはVRで世界中の名所をサイクリング。
勾配データもリンク。
車の自動運転。

自動運転中の運転席でチェストプレス・ローイング・レッグプレスができるように。
脚はエアロバイクペダルも搭載。

シートはマッサージチェア機能追加。

 

 

食事
口腔内、例えば舌に超小型センサー埋め込み。
口に入ってきたすべての食べ物・飲み物の瞬時の栄養計算。

例えば朝からのカフェイン量をカウントしていて、規定量に達した時点で、スマホかスマートウォッチに「本日のカフェイン摂取は終了です」が表示される。

塩分だったら、カリウム摂取量が上がっていかないと、塩っぱいものを口に入れたらブー!ってなるとか。

筋トレ当日だとアルコール摂取でブー!とか。

 

 

 

もっともっといろんなアイデアが出てきそうです。

(アイデアを出すための)「脳のDHAが不足しています。いますぐ補給してください!」なんて警告が。

 

そうです。

前回の続きで、脂質についてのテーマにするはずでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム