マリンスポーツで有酸素運動

2019/07/17

こんにちは。LAMUDA受付の遠藤です。

突然ですが、皆さんは何か趣味をやられていますか?

私の趣味はスキューバダイビングです。

始めたきっかけは昔放送されていた「海猿」というドラマです。
タンク背負って呼吸の音や海から見る太陽を自分の目で見てみたかったからです。

スキューバダイビングも有酸素運動のひとつになります。

今回はスキューバダイビングと有酸素運動のつながり、魅力を書いていきます。

 

 

まず、スキューバダイビングは脂肪燃焼量が高いです。
なぜなら潜ることによって水圧がかかり水中での全身有酸素運動をすること、特に脂肪を多く燃焼する脚の筋肉を常に使っているからです。

そして、深い呼吸をすることによって脂肪燃焼効果が上がることで、高いエネルギー消費が期待できます!

「スキューバダイビングの消費カロリー」

1回あたりの時間(分)  30分   7メッツ*1

・50kg  184kcal
・60kg  221kcal
・70kg  257kcal

 

*1 運動や身体活動の強度の単位

スキューバダイビングは1日に2ダイブから3ダイブし、時間は30〜40分程泳ぎ続けます。

だから消費カロリーも倍の数値になります。

 

次に、基礎代謝量が上がります
水圧が脚を引き締めてくれることによって、下半身に溜まりがちな血液を押し上げ、血液の流れがよくなります。

この力は深く潜れば潜るほど大きくなっていきます。
水圧の増加で脚が圧縮され血液は身体全体を循環し、心臓に戻ります。
これは、むくみや冷え、新陳代謝を助ける効果があります。

また、血液と同じようにリンパ液の流れもよくなり免疫力アップにも繋がっていきます!

 

最後に、持久力が上がります
水圧によって肺の面積は小さくなります。
その小さい状態で大きく吸うための筋肉(呼吸筋)が働き、これが呼吸筋の鍛練になり肺機能の向上に繋がってきます。

普段使っていない肺の隅々まで酸素を送り込むようになり、長時間動いていても疲れにくい体質に変わっていきます。

 

 

スキューバダイビングの魅力として、やっぱり「浮力」ですね。
無重力感を感じられるのは気持ちがいいです。
浮いているという感覚は何度体験してもいいものですね。

また一面青い海、魚群、太陽の光、それはもう圧巻です。

この感動を味わってもらいたいです!

 

この夏、スキューバダイビングを始めてみませんか?

 

私がお世話になっているショップをご紹介します。

http://www.ohanawith.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム