お酒は筋肉を破壊する?

2020/09/16

こんにちは!川村です。

最近はコロナ禍の影響で外での飲み会などが減少していますが、家で飲酒する機会も多くなっているのではないでしょうか?
なんとなくお酒を飲むと筋肉がなくなるなど、聞いたことがあると思います。

そこで今回は、飲酒が身体にどのような効果をもたらすのか?をお伝えしたいと思います。

 

 

「一気飲み」による筋肉の破壊 私自身も自○隊時代に何度も一気飲みをさせら、、していました。笑
特に大学入学や新社会人の一発目の飲み会で多くの人が経験しますよね…。

現在進行系で行っている方もいるのではないでしょうか?

 

では、大量にアルコールを摂取すると身体にどのような生理的変化が起こるのでしょう。

急性的な効果の例としては,運動制御能力の低下や身体パフォーマンスの低下などがあります。
また、痛飲はたちまち筋を破壊することが知られていて、「急性アルコール筋症(ミオパチー)」と呼ばれています。

この時,筋力低下だけではなく、筋繊維(特に速筋繊維)の部分的壊死などが起こると報告しています。

 

慢性的な効果の例として、アルコール依存症と診断された患者には、筋委縮と筋衰弱が見られます。
筋の萎縮は、アルコールの慢性的な摂取により、テストステロンの合成量が低下したことによるものだと考えられます。
テストステロンとは男性ホルモンの一種で、筋の成長を促進する効果があります。

つまり、継続的に大量のアルコールを摂取し続けると、筋力の低下を招くことが考えられます。

 

 

このように、お酒の摂取の仕方によっては、日々のパフォーマンスに影響を及ぼす可能性がありますので、アスリートのみならず、飲み会などの機会には,「一気飲み」の怖さについて少しでも考えておくことをお勧めします。

 

次回は、男女で異なる飲酒による影響についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム