放っておくと怖い貧血

2020/11/25

こんにちは!川村です!

今回は女性に多い「貧血」についてです。

先週、鬼滅の刃の映画を拝見してきまして、号泣して参りました。
誰よりも泣いた自信があります笑

鬼滅の刃のラスボスキャラでもあります、鬼舞辻無惨様が上弦の鬼になるべく血を分けてもらう鬼たちにあやかり、血と言えば貧血だなと思い今回貧血についてお伝えしていきたいと思います笑

 

 

 

ちょっとした体の不調が、実は貧血のせいだったというのはよくある話です。

しかし、貧血を引き起こすもととなっている原因を突き止めずに放っておくと、危険な病気が隠れているのに気がつかない場合もあります。

貧血は、栄養が不足することで起き、なかでも一番多くみられるタイプが「鉄欠乏性貧血」です。
貧血の70~80%が、鉄分が欠乏するために起きる貧血だといわれています。

 

みなさんが聞いたことのあるヘモグロビンは、鉄を含むヘムという赤い色素とたんぱく質が結合してできており、このヘモグロビンが酸素を全身に運んでいます。
また、代謝で産生された二酸化炭素を肺まで運んでいるのもヘモグロビンです。

しかし鉄分が不足するとヘモグロビンの生成が減少し、体のすみずみまで酸素を届けることができなくなってしまいます。

こうして貧血が起こると、全身倦怠感や動悸、息切れ、食欲不振などの症状が現れます。
心臓は大量の血液を流して酸素不足を解消しようと、鼓動を早くします。
呼吸が激しくなるのも、酸素を体に取り入れようとするためです。

このように、肺や心臓に負担がかかるだけでなく、心臓肥大につながってしまうこともあるのです。

鉄欠乏性貧血は、鉄分不足の偏った食事や過度なダイエットで引き起こされることがあるほか、病気などによる出血でも起こりますが、貧血気味という程度の状態なら、毎日の食生活の改善などで解消できる場合がほとんどです。

鉄分は、食事で摂ったもののうち10%程度しか体内に取り込まれないといわれるほど、吸収されにくい栄養素です。
そのうえ、ほかの栄養素が不足すると吸収率は上がりません。
そのため、鉄分を多く含む食品以外にも、バランスのとれた食事を考える必要があります。

とても面倒臭い栄養素ですね。。笑

 

では、鉄分を多く含む食品、また吸収効率を上げるにはどうしたら良いのか?

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。

ヘム鉄を多く含む食品はレバーや肉、魚類です。
一方、非ヘム鉄は野菜や豆類、海藻、卵などに含まれています。

 

ヘム鉄は非ヘム鉄より体の吸収率が高く、動物性食品やビタミンCなどと組み合わせることで、吸収率が向上するといわれています。
「貧血気味だから鉄分を補給しよう」とレバーや魚ばかりを食べるのではなく、野菜や果物を含め、食品の種類を増やすことがポイントです。

また、目の下にクマができるのも、鉄分不足が原因の一つ。

鉄分が不足して、血液が酸素を十分に補給できないため血行不良が起きてしまうからです。
さらに、髪のツヤがなくなったり抜け毛が増えるのも、鉄分不足が原因ともいわれています。

 

貧血気味という程度であっても、鉄分を十分に意識して摂取していきましょう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/contents/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム