ハイカーボチートデイの勧め

2021/06/16

こんにちは!川村です。

先週までは夏日が続きましたが、ようやく梅雨入りしましたね。
夏が恋しいものです!

今回は減量中の皆さんは大好きチートデイのお話。

そもそもチートデイって意味はあるの?について説明しようと思います。

 

 

みなさん、チートデイは取り入れてますか?

そもそもチートデイの狙いや効果とは・・・

①基礎代謝を元に戻す(発汗しやすくなるなど)。
②生殖エネルギー等、生命維持に関わるエネルギーを回してあげる。
③チートデーを取り入れても取り入れなくても体重の推移は変わらないという事実。
④チートデーを取り入れたグループの方が、減量明けのリバウンドが少ない。
⑤筋肉をより維持して減量できるチートデイの必要性は科学的にも生理学的にも必要性は証明されていて、ルールを守ればメリットが非常に多い。

 

・計画的に行う
・ジャンクフードは避ける

この2点が重要なキーワードになります。

 

「計画的に行うことに関して」

チートデイの満足度、また減量のモチベーション回復効果を延長させるには、気分で決めるのではなく、必ず条件設定した上で実践しないとモチベーションに関する向上効果は得られない事がわかっているため、その方が頑張る理由があるので、頑張れちゃいますよね。

 

「ジャンクフードを避けるに関して」

チートデイのイメージは、ラーメン、お菓子、ピザ、ハンバーガーなど大量に食べるイメージですが、それだとせっかく整えてきた腸内環境を一網打尽にしてしまいます。
また、脂質を沢山一度に取ると、体は慣れてないと下痢を起こします。
これは脂質を消化する酵素やホルモンの活性が落ちてる訳で必ずチートデイの内容は、ハイカーボ(炭水化物メイン)にしましょう。

この内容が出来るならば以下の方法がいいです。

・砂糖は少なめに。
・糖質の種類の根源をお米、お餅、パスタ、うどん、蕎麦などに。

普段の減量で食べてる食材を大幅に食べる方が体への反応は良いはずです。

 

もう一つのハイカーボ時の特徴としては、ハイカーボを入れてる時は、タンパク質量は減らします。

具体的には、体重分のタンパク質を取ってればOK!

体重×約1.5gのタンパク質ですね。

高タンパク質の状態で、ハイカーボを行ってもカーボが体に入りにくいため、体の消化吸収は糖質単体の方が2倍のスピードで消化されます。

成分が多くなればなるほど倍の消化吸収時間が掛かります。

 

なんでも食べるチートデイはやめて炭水化物を意識して実践してみましょう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/contents/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム