ストレッチの危険性とは!?

2017/05/18

こんにちは、LAMUDA代表の横山です。

 

最近、よく聞くようになった『ストレッチ』という単語。

すごく良さそうなイメージがあると思いますが、

「ストレッチはやればやるほど良い!」

「体はやわらかければやわらかい方が良い!」

という考えを持っている方が多いのではないでしょうか?

 

私は、これは大きな間違いだと思っています。

 

 

 

 

なぜなら、もし本当にそうだとすると、器質的な疾患がない限り、体がやわらかい人に痛みがでることはほとんどないはずです。

しかし、現実には体がとてもやわらかいのに痛みに苦しんでいる人は数多くいます。

体操や水泳などの選手には慢性の肩痛や腰痛が多くみられます。

 

「過ぎたるは及ばざるがごとし」で、体がやわらかすぎることは問題です。

体にはやわらかくあるべきところと、ある程度の硬さを持っていなくてはならない部位があります。

 

本来、硬く安定性を持つべきところを無理にストレッチしつづけると、痛みを誘発する可能性があります。

例えば、立位体前屈のストレッチ(立って膝を曲げずに手を床に近づける運動)は、ハムストリングを伸ばすと同時に腰背部も同時に伸ばします。

これを関節の動きでみると、股関節屈曲と共に、腰椎の前弯を減少させる方向に伸ばします。

腰部の前弯が過度の人には良いですが、そうじゃない人がこのストレッチをつづけると腰痛を起こします。

 

ですので、自分にあったストレッチをするには専門のトレーナーに見てもらうことがより効果的になります。

 

今回はこの辺にして、次回もストレッチについて語ろうと思います。

 

また次回もお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム

「無理しない」ことが「続けられる」「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム