筋力低下でお腹が出る?

2018/09/19

こんにちは、LAMUDAトレーナーの斉藤です。

突然ですが、ぽっこりお腹が気になっている方いませんか?

実はその原因の1つに腹筋の筋力の低下があります。

腹筋は外側から外腹斜筋、腹直筋、内腹斜筋、腹横筋の順に構成されています。
その1番深層部にある腹横筋、この腹横筋が弱っているとぽっこりお腹になってしまうのです。

ぽっこりお腹とは“身体全体で見ると痩せ型なのにお腹だけが張り出している状態”のことです。
お腹が出る原因として、体脂肪の増加骨盤底筋の筋力の低下腹横筋の筋力の低下などがあり、体脂肪の増加は体脂肪を落としていけば改善します。

様々な原因がある中で、今回は腹横筋について書いていきます。

腹横筋は内臓の位置の安定などに使われる筋肉で、弱っていると内臓を正しい位置で支えることができなくなってしまいます。
それで内臓が下がってしまいぽっこりお腹になるわけですね。
痩せ型で下腹だけが出ている、という人はこれが原因の1つとしてあります。

ここでぽっこりお腹解消のための簡単にできるエクササイズの「ドローイング」をご紹介します。

「ドローイング」
1、お腹に空気を溜め込むイメージで大きく吸います。背中は丸めず常にまっすぐを意識し、肩は上げないよう注意しましょう。
2、限界まで吸い、息を止めます。
3、膨らんだお腹を凹ませるように、思い切り息を吐き出します。おへその中心を背中につける勢いで凹ませましょう。
4、空気を完全に吐き出したら、凹ませた状態でキープしながら呼吸します。それを30秒くらい行います。

以上がやり方の説明になります。

僕自身トレーニング当初、ドローイングを取り入れていて、そのおかげでお腹に力を入れる感覚を覚えた経験がありますので、いまいちお腹に力を入れる感覚が分からないという方にも効果的です。

手軽にできるので、料理を作っている時やテレビを見ている時などに気づいたら行ってみてください。

他の原因については、またの機会に書きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム