王家の野菜

2019/08/21

こんにちは。LAMUDA受付の遠藤です。

夏の野菜と言えば、オクラやなす、トマト、モロヘイヤ、きゅうり、ゴーヤなどがあります。

カロテン、ビタミンC・Eを含む野菜が多く夏バテ防止に効果があります。

その中でも今回はモロヘイヤについて書いていきます。

 

 

モロヘイヤはエジプトが原産で、日本では80年代に健康食品として流行りました。
アラビア語で「王様だけのもの」という意味で、古代エジプト(5000年前)で食べられ、栄養価が高く「王家の野菜」として呼ばれていました。

また家庭菜園にもおすすめな野菜ですが、種と茎には毒(ストロフェチジン)があり、食べるとめまいや吐き気を引き起こします。

細胞老化のもととなる、活性酵素の働きを抑える抗酸化作用の高い栄養素が豊富に含まれています。

 

ビタミンA・C・Eが全て含まれていて、含有量は野菜の中でもトップクラスです。

 

紫外線でダメージを受けた肌を守り、また皮膚の再生スピードもあがります。
これは免疫力アップにも繋がってきます。

疲労回復効果もあり、代謝をサポートしてくれるビタミンB1・B2が含まれているため、夏バテ防止になります。

 

葉を刻んで粘りを出すことによって、ぬめり成分(※ムチン)が出て、粘膜を傷つけないようにする効果やたんぱく質の吸収サポートをしてくれます。

胃の粘膜保護をしてくれるので、胃もたれや食欲不振を改善してくれます。

※ムチン・・・糖の吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇を抑える。

 

モロヘイヤの含有量(40gで計算)

ビタミンA・・・336μg
ビタミンE・・・2.6mg
ビタミンC・・・26mg
ビタミンB1・・・0.07mg
ビタミンB2・・・0.17mg
食物繊維・・・2.36g

 

 

昔からモロヘイヤは栄養価の高い食材として食べられてきましたが、今は食卓に並ぶことがあまりない気がします。

野菜を食べることで、夏バテ防止をすることも大切だと思います。

モロヘイヤを茹でてお浸しにして食べるのもいいですが、味噌汁の中に入れてみたり冷奴と一緒に食べてみたりと、一手間工夫することで他の栄養素も吸収することができます。

栄養価の高い野菜を毎日の食事に取り入れてみましょう!

 

 

参考文献 あたらしい栄養学、野菜図鑑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム