免疫活性化してウイルスを乗り切る

2020/03/11

はじめまして!1月入社いたしました、新人トレーナーの川村です!

前職は陸上自衛隊に所属しており、日々、匍匐前進をしておりました。
冗談はさておき・・・。

これから私が愛用薬として重宝しております、「葛根湯」についてお話ししたいと思います。

 

 

私の葛根湯との出会いは中学のある冬の頃。

カゼを引いた私に祖母が葛根湯を勧め、それを飲みはじめてから気づけば10年も経ちました!

物心ついた頃からカゼ薬は飲まず、この「葛根湯」だけでカゼを治してきました。

私の体感ですと、カゼの引きはじめの体調が悪い時に葛根湯を飲むと、次の日には絶対治っております。
今まで葛根湯に感謝せずに飲んできましたので、この機会に恩返しと皆様にも「葛根湯」の素晴らしさをお伝えします。

私の余談はさておき!

 

本題です!

皆様は、 漢方薬と言えば誰でも知っているのが「葛根湯」だと思いますが、単なるカゼ薬みたいに思ってる人が多いと思います。

葛根湯の効果を簡単に言うと 「カラダを温めて汗を出して痛みを鎮める」です。

 

まずは配合されている生薬を見てみましょう!

・麻黄(まおう)
・桂皮(けいひ)
・生姜(しょうが)
・葛根(かっこん)
・芍薬(しゃくやく)
・甘草(あまくさ)
・大棗(たいそう)

この7種の生薬が入っています。

その中の4つ 「麻黄(まおう) 、桂皮けいひ) 、生姜(しょうが) 、葛根(かっこん)」カラダを温めて汗を出す作用があります。
残り3つ「芍薬(しゃくやく) 、甘草(あまくさ) 、大棗(たいそう)」痛みを鎮める作用があります。
このカラダを温めて汗を出すというのがポイントなのです!

解熱剤でむやみに熱を下げるのはよくありません。
せっかくの免疫力を下げてしまうので・・・。

 

ところが葛根湯はどうでしょうか!?

カゼに使う薬であるにもかかわらず、体温を上げて免疫力を活性化。

しかも葛根湯のすごい所は!!!!

熱が上がり切ったところで今度は汗を出して放熱するのです。
そして朝にはスッキリ!

 

体温を上げて放熱するという、相反する2つの働きでカゼを治してしまうのです。

言ってみれば自然治癒力の後押しのような薬なのです。

 

 

漢方薬の中にはこういったバランスのとれたものが多く、自然の働きに近い、そして副作用も少ないのです。

 

そして、もう1つ今回の題名で述べた免疫活性化すると言うことですが、 この免疫は「自然免疫」と呼ばれるもの、 つまりカラダの門番の免疫。
カラダの門番、つまり入口に効くのが葛根湯ってことです。

実際、葛根湯を飲むとマクロファージが活性化されることも分かっています。

 

 

〜NGな事が2点〜

・カラダを温める薬なので解熱剤といっしょに飲む ×
・冷蔵庫で冷やす ×

 

もし飲むのであれば、熱々で飲むのがオススメです。

 

 

結言といたしまして!

葛根湯を飲むのはカゼのひき始めに飲まないと効果がありません。

ちょっと寒いな〜、いつもの体調と違うな〜と思ったらオススメです。

 

 

病気に負けないカラダで仕事、プライベート、そして日々のトレーニングも楽しく元気に行いましょう^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム