お家で身体を動かそう!part1

2020/04/08

こんにちは。LAMUDA受付の遠藤です。

新型コロナウイルスの感染者が増え続けて、自粛モードがより一層強まってきましたね。

私自身、そろそろ遠出をしたい!と思っていますが、そういう訳にもいきません。
自粛の疲れも溜まってくる頃でしょう。

そこで今回は、気持ちをリフレッシュするために家で何ができるかを考えてみました。

 

 

新型コロナウイルスによる影響で、不安や恐怖、ストレスを抱えている人は多いと思います。
私自身もストレスを感じ始めています。

また、外出を行うことで気持ちの整理やリフレッシュを行なっていましたが、今はそれができません。

なので、家でできるリフレッシュは何かと考えた結果、身体が固まっていることに気づき、ストレッチをしようと思いました。
今までストレッチをやってこなかったので、これを機にやってみようと思いました。

 

ストレッチには6つの効果があります。

 

1、集中力の維持
そもそも集中力が低くなる原因は、筋肉が萎縮してしまうからです。
デスクワークは手先しか動かさないため、筋肉周辺の血行はどんどん悪くなっていきます。
そこで、悪くなった血行を良くすることで、集中力のの維持を保つことができます。

 

2、可動域の拡大
身体を動かせる範囲が狭いと怪我をしやすい傾向があります。
関節や筋肉の動かせる範囲を広げることで、全体のバランスを整えることや、怪我をしにくい身体になります。

 

3、インナーマッスルの強化
ストレッチはトレーニングの中でもゆったり動く種目で、内側にある筋肉(インナーマッスル)を鍛えることができます。

 

4、代謝を上げる
ストレッチは血行を促進させ、身体全体の体温の上昇に働きかけます。
常に身体がポカポカした状態になるため、普段よりもエネルギーの消費がしやすい身体になり、代謝が上がります。
これは、ダイエットにも効果をもたらしてくれます。

 

5、身体のバランスを保つ
デスクワークを長い時間行うと、コリや血行不良から少しずつ姿勢が傾いていきます。
ストレッチをすることで、身体の軸をもとの場所に戻し、正しい姿勢を保つことができます。

 

6、睡眠の質をあげられる
ストレッチを行うと筋肉が緩み、血行不良がなくなり、体温を上げることができます。
体温を上げることによって、睡眠中の冷えの解消につながってきます。

 

 

今回はここまで。

次回は、私が実際に行なっているストレッチをご紹介していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム