スパイスを料理に加えると?part3

2020/11/18

こんにちは。遠藤です。

ここ最近、急に寒くなってきて、「もう冬なんだ。」と実感しています。
寒いのが苦手な私は、すでにモコモコのアウターを着ています。
そして、今年も冬を越せるか不安です…。笑

前回はターメリック、レッドペッパーについて書きました。

https://lamuda.co/blog/staff/20201007-2
https://lamuda.co/blog/staff/20201028-2

今回のスパイスは「クローブ」です!

 

 

そもそも皆さんは「クローブ」がなんなのかご存知ですか?

クローブとは、熱帯地方に生育していて、夏と冬の2回つぼみを収穫し、そのつぼみがスパイスとして使用されています。
主にスリランカやインドネシアなどで育てられています。
つぼみ部分は濃い褐色をしていて、甘い香りと舌を刺激するような独特の味をしています。
調味料としては、乾燥させたものを使っています。

 

クローブには、腸にたまったガスを排出しやすくする効果があり、腸内環境を整えるには重要なスパイスです。
クローブに含まれる精油成分の「オイゲノール」には抗酸化作用があり、酸化や老化防止にも役立ちます。

また、身体の内部の冷えからくる不調にも効果があります。
その作用は「温中降逆」と言って、胃腸の冷えによって、下腹から上に突き上げてくる嘔吐や吐き気、げっぷ、食欲不振、お腹の痛み、しゃっくりなどに効果的な漢方と言われています。

そして、クローブは身体を温め、五臓のうちの腎臓に働きかけるため、冬向きの食材です。

 

冬はあったかいスープを飲むのが一番!

 

そこで今回は「クローブ入りポトフ」をご紹介します♪

<クローブ入りポトフ>

材料2人前

・にんじん 1/2個
・じゃがいも  1個
・キャベツ  1/8個
・たまねぎ 1/2個
・鶏もも肉 250g
(ポトフといえば、ソーセージだけどここは我慢ですね。)
・クローブ 2本
・塩胡椒 少々

※今回はクローブの味を引き立たせたいので、コンソメ顆粒は使用しません。

 

作り方

1.じゃがいもは食べやすい大きさにカットして、水につけておく。
にんじん、キャベツも食べやすい大きさにカットする。
2.玉ねぎは半分にし、クローブを刺しておく。
3.すべての具材を鍋に入れて、かぶる程度の水を加えて煮る。
4.クローブを取り除いて、塩胡椒で味を整えて完成!

クローブを料理に使用する際は、辛味や苦味があるので、入れすぎないようにしましょう。

他にもホットワインやお肉を焼く時、シチューやお菓子などを作る時に、いつもと違う味を楽しみたいと思ったらクローブを使ってみてください!

 

次回はブラックペッパーについて書いていきます。

参考文献:日本安全食料料理協会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム