ハーブとスパイスの違いは!?

2021/04/21

こんにちは。遠藤です。

前回までずっとスパイスについて書いてきました。
でも、ハーブとスパイスの違いって皆さん、わかりますか?

今回はそれについて書いていこうと思います!

 

 

まず、スパイスは料理をするうえでアクセントをつけたり、味を調えたりするのに欠かせない調味料です。
しかし、同じように香り豊かな植物がハーブです。
ハーブは紅茶として楽しむだけでなく、スパイスとして利用されることも多いです。

 

皆さんはハーブを使うことはありますか?

 

もっと詳しく説明すると・・・。

 

スパイス(香辛料・薬味)
果実・花・葉・根などを乾燥させて作られる調味料で、料理に香りや風味をつけてくれます。
また、お肉などの臭みを消し、うま味を引き出す効果あり、腐りにくくしてくれます。
(胡椒、ナツメグ、シナモン、クローブ)

 

ハーブ(薬草)
ハーブは、薬草を意味していて、香りはもちろん、健康に役立つ成分を含む植物です。
ヨーロッパでは古くからある医療で、草木(草花)の香りに鎮静・興奮などの作用があると言われています。
料理の香りづけや保存料、薬、防虫などに使用されています。
しかし、ハーブの中には毒を持っていたり、効果が強すぎるものもあるので、使用する時は気を付ける必要があります。
(ミント、バジル、タイム、パセリ、ローズマリー)

 

スパイスと同じようにハーブも調理に使うには、ちょっと難しいと思います。

私も実際、使うことはなかなかないです。

スパイスの方がハンバーグやカレー、イタリアン系で使うときはあるかなと思いますが、ハーブを使ってみようとしても難易度が高いですよね。

なので、これを機会に実際に使ってみてどうなのかを書いていこうと思います。

興味を持っていただいたら、ぜひ試してみてください!

 

次回は「ミント」について書いていきます。

 

 

参考文献:日本安全食料料理協会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム