効率的な卵の食べ方

2019/10/02

こんにちは。LAMUDAトレーナー山岸です。

ボディメイクだけではなく、健康においても重要な栄養素であるタンパク質ですが、日ごろから色々な食材で摂取していると思います。

その中でも、アミノ酸スコアが100である卵は良質なタンパク源として優秀です。

アミノ酸スコアとは、人間にとっての必須アミノ酸(体内合成できないアミノ酸)全9種類の含有率を点数化したものです。
この点数が高いほど良質なタンパク質だといえるでしょう。

 

そんな卵ですが、実は調理の仕方によって吸収率に差があるというのはご存知でしょうか。

 

 

以前は、生で卵を摂取することが一番吸収率が高いといわれていましたが、現在ではそれは否定されています。

生卵の吸収率が51~60%程度の吸収率であるのに対して、加熱調理をすると、なんと91~94%と吸収率が跳ね上がるのです。

つまり、卵から効率よくタンパク質を摂取しようとした場合、当然加熱調理した上で食べたほうがよいということになります。

 

 

では、加熱の程度で比較した場合はどうでしょうか。

 

実は卵は加熱しすぎても吸収率が低下してしまいます。

それはタンパク質が熱により変性してしまうからなのですが、一番吸収率の高い加熱方法は温泉卵程度の硬さだといわれています。
次にゆで卵です。

つまり、効率だけを考えると一番よい摂取方法は温泉卵ということになります。

 

ただそうはいっても温泉卵や半熟卵の状態と熱を入れすぎた卵の状態とでは、そこまで吸収率の差はありませんので、好きな調理法で飽きずに食べていただくことの方が大切に感じます。

 

 

ただ、上記でも書いた通り、生と加熱調理ではかなりの差があります。

 

卵かけご飯は私も好きで小さい頃はよく食べましたが、効率を求めるのであれば加熱調理した卵を食べるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム