甘酒ブームを検証していたら甘くなかった

2018/06/06

こんにちは。LAMUDAトレーナーの落合です。
甘酒の種類が近年増え続けています。
発酵食品ブームの流れの一環でしょう。

「飲んだほうがいい?」と お客様からもよく質問されるようになりました。

なるべく簡潔にまとめようと取り組んだら、長年の日本人の知恵の深さは甘くなかったのでした。

 

 

では本編。

 

★ 減量中は控えましょう。
理由は単にカロリーが高いため。
「身体にいい」食品がダイエットに直結するわけではありません。
減量中とは言い換えれば「ダイエット時期」、「体脂肪を減らそうとアクションする時期」です。
本来は実施する期間を定め、期間中は黙々と遂行する。
これが理想です。“本来は”と書いたのは、これがなかなか難しいためです。
期間中にもかかわらず外食・飲み会・嗜好品の誘惑に釣られ、目標への経過が芳しくなく、結果としてこの“期間”の延長が続くことがよくあります。
いつも満たされない感覚に覆われ、フラストレーションを抱えます。
(ダイエットを)頑張る ⇔ 我慢しきれず暴食
このループが繰り返されます。
これについて書いていくととても長くなるので今回はここまで。

 

★ 「美肌効果」
これが最大の宣伝文句となっているかと思います。
根拠は、大手甘酒メーカーが資金提供した、ある大学との共同研究の結果からです。
被験者(うち半数はプラセボ群)17人の実験結果により、皮膚の表面温度が上昇したこと(血行が改善された)、それにより目の下のクマが薄くなったこと、これらは事実です。
事実ですが、プラセボ群も目の下のクマは改善されています。
甘酒飲用の優位差で見ると、“髪のツヤ“や”朝の目覚め“といった項目の方がむしろ効果が高く出ています。
購買層への訴求効果も考慮されての美肌効果プッシュともいえます。
血行が改善した原因は↓

 

★ 栄養成分
麹菌の酵素分解能により身体への吸収の早い糖質・たんぱく質、そしてビタミンB群が含まれていて、江戸時代に流行したのは大部分の人が慢性的な栄養不足ぎみで、そんな身体への栄養ドリンクだったと予想します。
飽食の現代においては他の食品からじゅうぶんに栄養が摂れますので、栄養過多、特に糖質の摂りすぎには注意したいところです。
白米の摂取量を減らすなどの調整をしたほうがベターと判断します。
一見、現代人には必要は無いともとれる飲料ですが、麹菌を含むカビ菌、酵素、発酵などの分野の研究は、まだ判明していないところが多く、また、身体への害がすでにわかっている異性化液糖(果糖ぶどう糖液糖など)や砂糖を多く含む飲料や、アスパルテーム・アセスルファムKなどの人工甘味料入り飲料を口にするよりは格段にベターと考えます。
ましてやその飲まれてきた歴史(期間)も踏まえると尚更です。

 

★ とりあえずの結論
投稿締め切りに間に合わせるため、“とりあえず”の結論でご容赦ください。
ありふれた情報サイトと同じような内容で書くつもりは少しも無いので、いつもこんなひねくれた内容になります。
今回調べていて感じたこと、甘酒は美肌効果という着眼点だけでなくむしろ、普段トレーニングをして、食事にも気を使っているボディメイク目的の人にとって、人工甘味料入りのプロテインや、アミノ酸構成が不十分かつ人工甘味料入りのアミノ酸を摂るよりも優れている“かもしれない”という印象です。
しばらくの間、トレーニング直後に飲むドリンクを甘酒(+たんぱく質を補うのは甘味料無しのプロテイン)にしてみようと本気で思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム