(No More)Blurry Eyes

2019/09/25

こんにちは。LAMUDAトレーナー落合です。

L’Arc-en-CielのBlurry Eyesは好きな曲でカラオケに行ったら歌うこともありますが、自分のEyeがBlurryは困ります。

2016年の健康診断における視力検査結果は0.8。
2017年、1.2。
2018年、0.6。
2019年、1.5。

これが僕の近4年のデータです。

悪くなった原因はスマホだと自己分析しています。

そしてトレーニングして良化。
また油断して悪化。
再度トレーニングして良化。

では、どうトレーニングしたか?を以下に記します。

 

 

目の器官の主な2つ。

一つは毛様体筋

もう一つは水晶体

水晶体はいわゆるレンズです。

それも可変式の。

 

レンズが薄くなったり厚くなったりします。
それを操作するのが毛様体筋。

毛様体筋が収縮するとレンズは厚くなり、近くを見るときがこれです

反対に毛様体筋を弛緩(ストレッチ)させて遠くを見ます
基本的にはこれが目の動き。

さて、毛様体筋という筋肉が凝り固まっている状態を近視(いわゆる近眼)と考え、ストレッチすることを繰り返すことを試しました。

具体的には毎日何度も遠くの風景を眺めることにしました。

幸いLAMUDAはビルの8階にトレーニングルームがあり、ビル周囲の視覚は遮られていません。
つまり眺めがとてもいいのです。

北はFKD今泉と済生会病院が見えますし、北西の方角には男体山をはじめとした山々が臨めます。

1回60秒を1セットとすると1日3セットくらいやったかもしれません。
もしかしたらもっと、自然にやっていたかも。
それを週に4日ほど

 

 

次、水晶体

こちらはたんぱく質でできています。
一般的にたんぱく質はストレスで変性する性質があります。

ですから紫外線を直接浴びないように外ではサングラスを極力掛けます。

その他は、いわゆるアンチエイジングにおけるアクションと同じです。

抗酸化物質を積極的に摂取し、オーバーワークに注意しながら運動を続け、和食中心の食生活を続けます。

その結果が0.6→1.5だと僕は思っています。

ちなみに老眼進行を遅らせるのも同様の考えでいけると踏んでいます。

 

それにしても油断するとすぐに悪化します。

 

継続こそ何たらとはよく言ったもので。

 

 

以上、どなたかが参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course

 

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市駅前通り3-4-5 宇都宮U-SQUARE 7F/8F

tel 028-610-3456

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム