愛の反対は無関心なのか憎しみなのか

2020/09/02

こんにちは。落合です。

カーテンを洗濯したらボロボロになりました。
日焼けしすぎによる肌へのダメージには普段気を付けているのにカーテンまでアタマ回らず・・・。
紫外線の力を甘く見ていました。

それと関係は無いですけど、今回のテーマは腹筋を鍛えることについて。

 

 

ステイホームがすっかり習慣化し、運動不足になっている人が多いと耳にするようになってからだいぶ経ちました。

腹筋(トレーニング)は特に道具を使わなくてもできるので、「とりあえず運動しないと!」という人には取り組みやすく、また、腹筋トレーニンググッズはたくさんの種類が販売されています。
更に、腹筋を鍛えるとお腹の脂肪が減っていくという昔からの幻想は、この超高度情報化社会になっても不滅です。

腹筋。

正確にはいくつかの異なる筋肉が腹部には存在して、「腹筋が割れてきた」と表現したりするのは腹直筋、その他に脇腹に存在する腹斜筋(外腹斜筋、内腹斜筋)、腹巻のように腹部全体を包んでいる腹横筋、そして通常は腹筋群には含めないことが多いですが背骨から骨盤の中を通って脚の骨(大腿骨)まで繋がる大腰筋があります。

多くの人が「腹筋(トレーニング)やるぞー!」と言っておこなう方法のほとんどは腹直筋に負荷をかけるものです。

 

さて、世の中には表と裏があり、陰と陽があり、光と影があり、白と黒があり、攻と守があり、強と弱があり、好きと嫌い(無関心)があります。

 

筋肉も同じ。

 

拮抗筋(きっこうきん)と言ってお互いの筋肉と反対の性格を有するもので、例えば太ももの前(大腿四頭筋)が縮むときは、太ももの裏(ハムストリングス)が伸びます。

で、腹直筋。
ここの拮抗筋はカラダの背面、背骨のすぐ隣にあり、背中全体の長さがある脊柱起立筋
この筋肉とのバランスがとても重要です。

 

ところでカラダの前面の筋肉の代表的な大きい筋肉は大胸筋と腹直筋ですが、日常生活におけるほとんどの動作、例えば車の運転、パソコン作業、料理などの家事、これら全てカラダ前面と腕の筋肉のみでおこなっています。
そして日常的に使っている筋肉はそう簡単に衰えないのも事実です。
ただし、腹筋は普段使いをサボろうと思えばサボれます。
一方背中の筋肉は日常生活において使われる機会が少ないので衰えやすいです。
(ただし、普段の姿勢や使い方次第で背中の筋肉は使えます。今回は省きますが女性の美スタイルには必須な話です。)

カラダ前面と背面の筋肉の不均衡(前が強く後ろが弱い)は猫背の原因になり、やがて背骨の劣化により徐々に腰が曲がっていきます。
つまり腹直筋を鍛えたら、同じだけ脊柱起立筋を鍛える必要があり、また、加齢で衰えていくのが早い箇所ということを考えると、腹直筋を鍛えたら、それ以上に鍛える必要があります。

 

どのように鍛えていけばいいのか?

 

これは人それぞれカラダの現状により様々です。

然るべきプロの助言を仰ぐことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム