便秘とのケツ別

2020/12/23

こんにちは。落合です。

今回のテーマは便秘について。

ダイエットミッション遂行中なのに便秘で思うように体重が落ちない人、 それから基本的に便秘症の人、これらの人たちはほとんどが肥りやすい傾向です。

今回はフィジカルから考えます。

キーワード
・恥骨直腸筋
・スクワットトイレ
・和式トイレ

 

 

珍しく結論から。

恥骨直腸筋を緩めた姿勢で排便に臨みます。

方法: 足の位置を高くします。

それには台を使います。
20cmくらいの高さ。
こういうの。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/D1TxOuSDhYS.mp4

股関節の角度は和式トイレ使用時と同様になります。
和式トイレは解剖学的には理にかなっていたということです。
米国でもこういった“簡易和式トイレ”=スクワットトイレが年々広まっています。

 

ここからは読み物として。

解剖学的には洋式トイレより排便に向く和式トイレがなぜ世の中から消えたのかというと、 それは衛生面から。
和式トイレ便座周りの床の大腸菌量は洋式のそれと比べて160倍とのこと。
(TOTO(株)の調査)

ちなみに小学校に未だ残る和式便座は、やはりいまだに全国に残存する和式トイレを使わざるを得ないときのための教育のため。

 

それから、「腹筋が弱いから出ないんだ!」とか言われたりする件について。

当コラムを高齢者が読んでいるとは到底思えず、また想定していません。
若年層~中年層の一般の人の腹筋力でブツを出そうとするのは間違いで、 その前にやることは緩めること。

恥骨直腸筋を。

 

そもそも所謂ウ〇コ座りができなくなっている人が増えている件について。

スクワットしていますか?
雑巾がけしていますか?

座椅子無しで床に座っていられますか? って話です。

 

股関節が硬い人は、ヒップアップやクビレができにくく、下腹が出やすいです。

 

食事からの考察は次回にします。

 

キーワード
・日本食
・腸内ビフィズス菌量
・食物繊維摂取量
・穀物摂取量
・オメガ3とオメガ6の摂取バランス
・ヨーグルト、乳酸菌飲料の市場の成長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/contents/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム