コロナ感染→回復後の免疫力は?

2021/01/20

こんにちは。落合です。

武田真治。
野口五郎。
今、いろんな意味で興味があるのがこのお二人です。

今回はコロナ関連。

 

 

大都市圏と同じく栃木県が緊急事態宣言エリアに入るとか、勘弁して欲しいです。

先月12月中旬の段階で孤発例が20くらいありましたので年始の状況は想定内。
僕がもし市長ならその先月の段階でレッドカードです。

 

話は変わり、江部康二医師のブログに興味深い記事が載っていました。

江部さんは糖質制限治療&ダイエット界隈では昔から有名な医師です。

要約すると糖尿病の診断が下されていない人でも、グルコーススパイスを起こしている人はコロナ感染後の重症化率が高いということです。
グルコーススパイクとは吸収の早い糖質を摂取したとき、血糖値が急上昇し、インスリンの追加分泌により血糖値が急下降&低血糖状態になり、そのタイミングで空腹を感じるので再び糖を摂取してまた血糖値の急上昇といった状態が続くことです。

元々、糖質の過剰摂取は炎症を促進させます。

免疫力低下に繋がります。

 

表題の件、コロナ感染→回復後の免疫力ってどんなかんじなんですかね?

ここ、よくわからなくて。

後遺症になったり、すぐ今度はインフルエンザに感染したり。

 

うーん。

 

参考・引用

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-5488.html
https://www.levelshealth.com/blog/glucose-levels-covid-research

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAMUDAは全コース1年間、専属トレーナーがあなたの身体を管理します。

理想のカラダを確実に手に入れ、二度と元に戻らないために。

ライフスタイルに「無理なく」ボディメイクを取り入れるための完全オーダーメイドプログラム。

「無理しない」ことが「続けられる」。「続けられる」ことが「変わる」につながる。

「無理しなくても変われる」、普通のジムでは味わえない最高レベルのパーソナルトレーニングを体感してください。

詳しくはこちらから↓

https://lamuda.co/contents/course-price

 

LAMUDA Body Make Club

栃木県宇都宮市大通り2-1-4 宇都宮サテライトビル8F

tel 028-348-2089

ダイエット・肉体改造のパーソナルトレーニング専門ジム